日劇【流星之絆】片尾曲

泣いたのは僕だった
弱さを見せないことがそう
強い訳じゃないって君が
言っていたからだよ
I believe

息が冷たくなる帰り道に
ただ星が揺れている

確かめたばかりの
淡いぬくもりさえ
もう忘れそう

人を好きになれることに
初めて気付いた 今は

泣いたのは僕だった
つながった冬の星座
この空に消えてかない様に
見つめていたんだよ
I believe

かじかんだ手のひら
離れぬ様に いつまでもふれていたい

伝えたい言葉を繰り返すのに
また声にならない

他愛ないことで笑って
優しく包むよ 君を

流れ星数えてた
君と出会えたキセキが
今僕に
生きている意味を
教えてくれたから
I believe

泣いたのは僕だった
弱さを見せないことがそう
強い訳じゃないって君が
言っていたからだよ
I believe

言っていたからだよ
I believe

創作者介紹

miniwan

miniwan 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()